口内環境については、歯医者さんだけではなく内科の先生も注目しているこの頃。よく噛んで唾液と混ぜることで、おなかの中での消化吸収にも影響しているそうです。唾液はほとんど水分ですが、自分の体で作った様々な酵素が入っています。免疫力を上げる、がん細胞を抑制する、脳に刺激を与える、満腹中枢を刺激して食べすぎを防ぐ、口臭を抑える、虫歯になりにくくする、などなど。酵素が自分の中で作れるんです!!ナノ乳酸入りのクッキーを食べると唾液の量がすごいというお客様。ナノ乳酸と口の中で混ざると最強です。ご飯の時も、自分の唾液の量を感じながら食べてみませんか。
おすすめの「あいうべ体操」口を大きく動かして、べーでおもいっきり舌を出す体操。1日1回でも、鏡を見るとき、車を運転中、入浴中に続けてみませんか。唾液の量が違ってくるはず(^^♪